×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

DVDのコピーのことならこちらから

DVDコピー極楽テクニックはこちらから

フリーソフトシュリンクの使い方

DVDコピーソフト「DVD Shrink(シュリンク)」のいいところは、DVD Shrinkは、DVD をバックアップするためのソフトウェアなのですが、 DVD ビデオディスクのバックアップコピーを作るためにDVD の書き込みに対応したライティングソフトウェアと組み合わせて使うことも出来ます。「DVD Shrink(シュリンク)」はリッピングを持っています。コレだけの機能があってもフリーソフトですから驚きです。また、、特典映像の有無が選べてしまいます。「DVD Shrink」が他のDVDコピーソフトにない機能が30〜40分で超高速処理できてしまうのです。リージョン変更も出来、CPU占有率が低いですからうれしいです。ただし、デメリットもあります。DVDコピーソフトとして優秀な「DVD Shrink」ですがRCEプロテクションが解除できないのが残念です。上手に、DVDコピーソフト「DVD Shrink」の使い方を学んでいきましょう。

オススメ限定情報はこちら

副業が給料を超える秘密公開中

シュリンクのダウンロード

フリーソフトのDVDシュリンクをダウンロードするには以下のところからお願いします。DVDシュリンクは公式サイトからはダウンロード出来ません。ここからのダウンロードをオススメします。ただし、DVDシュリンクは個人利用で楽しんでくださいね。日本語訳をhttp://www.studio-chappu.com/で読むことが出来ますので英語が苦手な方も安心してDVDシュリンクの使い方がわかります。最新版はこちらから。http://www.dvdshrink.org/what_jp.html DVDシュリンクの使い方を詳しく知りたい方のために公式サイトのURLを用意しました。http://www.dvdshrink.org/ こちらでは英語の使い方のみでダウンロードは出来ません。DVDシュリンクはフリーのソフトですがメニューや特典映像を含めたリサイズも出来、さらに、タイトル毎に音声/字幕の有無選択、圧縮率が変更出来、フリーソフトと思えないくらい高性能です。

シュリンクを使う準備とは

DVDコピーシュリンクの使い方を説明しましょう。DVDコピーをフリーソフトでするにはどれが優れたソフトでしょうか。DVDコピーには沢山の方法がありますがどなたでも出来る、フリーソフトシュリンクのコピーの方法を説明していきます。最初に、必要なのはソフトですが「DVD Shrink(シュリンプ)」があれば良いでしょう。DVDをコピーに必要な環境やツールなども解説します。コレだけは必要というのは、 DVDライティング対応ドライブでしょう。そして、 DVDライティングソフト。このソフトは、DVDドライブ購入時に付いていろものでよいでしょう。さらに、リッピングソフト。(ここで http://www.dvdshrink.org/  で、「DVD Shrink(シュリンク)Japanese」をダウンロードして下さい。フリーソフトをダウンロード、そして、ソフトをインストールです。最新バージョンのダウンロードがいいでしょう。シュリンクを使うにはDVDメディアは別途用意する必要がありますよ。これで、DVDコピーをする準備完了です。

Copyright © 2008 DVDシュリンクの使い方